トップページ » 痛み種別

ひじの痛み

ひじは肩と手首の間にある関節で、肩と連動して動き、物を持ち上げる際にも重要な役割をはたしています。投げる、打つなど様々なスポーツ動作の中でも負担がかかり痛みや炎症を起こします。

テニス肘(ひじの外側の痛み)

原因 手首を甲側に動かす筋肉の使いすぎや急激に力がかかった際に起こります、例えばテニスのバックハンドや主婦が家事で手を使いすぎた場合。

症状 ひじの外側に押すと痛みがあり、拳を作り甲側から抵抗をかけるとひじが痛みます。

治療 ひじのアイシングと負担のかかっている筋肉にテーピングをします、痛みや炎症を診ながらマッサージやストレッチ、筋力訓練を開始します。

肘内症(ちゅうないしょう)

原因 小児の手を強く引っぱったときに起こります。小児のひじの靭帯がゆるく骨が発育途中なため靭帯が亜脱臼しやすくなってます。

症状 突然の痛みで手を動かさなくなります。

治療 すぐに整復します。

ひざの痛み

 ひざは歩く、走る、跳ぶ、しゃがむといった動作で重要な役割を果たしていると同時に非常に負担のかかる場所です、ランニング中の着地衝撃は体重の2~3倍にも達することから肥満や筋力の低下はひざ痛を助長する要因ともいえます。またサッカーやバスケット、スキー、スノーボードなどのスポーツではひざ関節を支えている靭帯の損傷やクッションの役目をしている半月板の損傷が起きやすく損傷の程度によっては手術が必要になります。

変形性膝ひざ関節症

原因

ケガやひざを酷使することで関節軟骨(なんこつ)がすり減ったり傷ついたりし、そこに体重がかかった際に痛みが起きます。肥満ぎみの中年、足の筋力の弱い女性に好発し、発症には加齢現象など多くの要素が関係しています。

症状

ひざの内側に痛みが出ることが多く、動き始めがとくに痛みを感じます、関節液がたまり夜間痛がある場合もあります。

治療

初期の場合はひざに負担をかけない日常生活動作の習得やひざ周辺の筋力訓練を行います。肥満の解消にはひざの負担が少ない水中歩行や固定式の自転車が効果的です。

肩の痛み

肩はからだの中でもっとも自由にうごかせる関節です、その為、筋肉も多く複雑に働いています、肩関節の外傷や障害は多く脱臼や腱板損傷、肩関節周囲炎などがあります。

肩の脱臼

原因 

ほとんどが前方に脱臼、転倒して手をついて肩が大きく上げられたときや直接後ろから打撃を受けたりすることで起こります。

症状 

肩に強い痛みがあり、周囲の筋肉が緊張して硬くなっている。反対の肩と比べると明らかに変形しているのがわかる。

治療 

肩をできるだけはやく元の状態に整復し固定と冷却を行います。

肩の捻挫

原因 

投球、懸垂、スコップ作業、服に袖を通す動作などでも痛めることがあります

症状 

動かすと痛みがあり、肩の周囲が熱っぽい、関節の不安定感があります。

治療 

初期は固定、冷却します。初期の固定状態から肩関節に負担のない運動は行います、痛みの経過を診ながら関節、筋肉の調整を開始していきます。

足首の痛み

足首のねんざ

原因 

足首は関節の構造上、曲げた状態では安定していますが、伸ばした状態になると横方向が不安定になりその不安定性を靭帯に頼っているためハイヒールを履いてひねったり、階段を降りている時、スポーツ中のジャンプの着地時、走っていて急に止まるなどの動作で起こります。

症状 

内がえし捻挫の場合ケガ直後は外くるぶし周囲に激痛、しびれを感じます。その後腫れが出てきます。

治療 

ケガ直後はRICE処置と固定をして症状を診ながら温熱や超音波治療、関節調整を行います。足首のねんざは再発しやすいのでバランス訓練や筋力強化が重要です。

腰の痛み

人類が 直立二足歩行を始めたことが腰痛の原因といわれます。現代の生活習慣は身体を動かすことがめっきり少なくなり移動手段は乗り物、仕事はコンピューターと便利になるばかりです、その生活のなかで多くの人を悩ませているのが腰痛です。

腰痛といってもそれは、腰が痛いという症状を表しているもので痛みは様々です。急にズキズキ痛む腰痛、前にかがむと痛む腰痛、長く立ったり座ったりすると痛くなる腰痛、安静にしていると痛まない腰痛など色々種類があります、そして原因も色々で検査ではっきりしないものから、筋肉の疲労、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、内臓疾患、心因性など限りなくあります。その中でも筋肉や骨、関節などの要因から起こる腰痛は正しい姿勢や適切な生活動作を身に付けることで予防できたり、腰痛になったときでも正しい対処で軽くすることができます。

急性腰痛(ぎっくり腰)

原因 腰をひねったり、重いものを持ちあげたときなどに急に腰の筋肉に緊張が起こり痛みが出ます。

症状 腰を起こす動作や座ったり立ったりの動作がつらくなるが横になって安静にしてると痛みが和らぐ。

治療 足から骨盤、背中の関節や筋肉の調整を行い少しずつ腰の緊張を和らげます。足の痺れがや少しも動かせない強烈な痛みがある場合はいちど病院で検査を受けましょう。

首の痛み

  首の可動性は大きく、支えている筋肉、靭帯、関節などにかかる負担が大きい為、捻挫をおこしやすい場所です、首の捻挫により首をはじめ、肩、背中や腕にいたるまで痛みやしびれ感などを伴うことがありますので注意が必要です。

寝違え

原因 

長時間不自然な姿勢をとったり、疲労時に不用意に首をひねったり、肩甲骨を動かした時に

起こります

症状 

首の振り向き動作や横に曲げる動作に制限と痛みを感じます、片側または両側の首や肩の筋肉が硬くなり押すと痛む

治療 

痛む部分を冷やしたり暖めたりし、首から肩甲骨周囲の筋肉をゆるめるストレッチやマッサージ、キネシオテーピングを行います

むちうち損傷

原因 

交通事故やコンタクトスポーツ中に頸椎が急激な過伸展、過屈曲されることにより障害され、頸椎のほか筋や靭帯、神経、血管などの損傷が考えられます。

症状 

を動かしたときに痛みや制限を感じ、首や肩、肩甲骨周囲の筋肉が硬くなり押すと痛む。その他に頭痛、腕の疲労脱力感などがあります

治療 

初期段階は頸椎カラーで固定し安静、炎症の有無をみながら温熱を加え軽めのマッサージをします、痛みを聞きながら徐々に可動範囲を広げ筋力訓練をします。神経症状を伴うものや脳脊髄液減少症が疑われる場合は病院での治療をすすめます。