トップページ » 整骨院でできること

親身になって治療することを心がけています

院長 西潟 拓也  柔道整復師 (注 写真は開業時のものです)

tak

病院勤務で様々な疾患のリハビリに関わった経験を活かして皆様の痛みを少しでも楽に出来るよう努力します。自分自身ACL断裂経験や5回の手術経験があり、術後のリハビリやコンディショニングを勉強しながら競技復帰し、自分の身体でいろいろ確かめてきました。

趣味
自転車、車、酒、スキー(モーグル等)、キャンプ(初心者)。

経歴
北海道整形外科記念病院リハビリテーション科6年間勤務
全日本スキー連盟モーグルナショナルチーム(88~91シーズン所属)
元北海道スキー連盟モーグル強化コーチ 

2003年までフッズスキー場のモーグルチーム監督

施術/治療法について

DSCN0579

 整骨院は柔道整復師が治療を行う公的に認められた機関です、保険医療機関(病院など)と同じように保険証を使って治療を受けることができます。

柔道整復師とは、昔からほねつぎ・接骨師・整骨師として広く知られ、厚生労働大臣免許の下でねんざ、だぼく、ざしょう(にくばなれ)、筋や腱の損傷、骨折、脱臼などの治療をする職業の正式名称です。

これらのケガに対し、その原因、経過、現在の症状などを評価(観察)し、その症状を的確に把握して痛みに適応した治療を行い人間の持つ自然治癒力を引き出します。

施術(治療法のことです)
整復法と固定法と後療法(手技療法、運動療法、物理療法)があります。

整復法
骨、筋、腱、関節などの解剖学的な変化や異常を正しい位置又は形に整える、徒手整復を行います。

固定法
痛みを和らげ、筋、腱、関節を補助し治療の促進、再受傷の予防を目的に行います。包帯やテーピング、サポーターなを使います。 

後療法 

  • 手技療法 関節調整、柔整マッサージ(手当て)これが治療の主体になります
  • 物理療法 電気、熱、光線などの物理的エネルギーを使用した治療法で、損傷組織の回復に用います。
  • 動療法 筋力が落ちている部分や関節の動きが悪いところに対して筋力訓練やバランス訓練、ストレッチ体操を行います。